読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【グルメ】蔵前にできたBean to Barのお店「ダンデライオン チョコレート」にいってきた(反省点あり)

グルメ グルメ-東京都-台東区

日本に上陸したBean to Barにいってきました!

 この頃流行りの「Bean to Bar」でつくられた、チョコレートバーを楽しみに蔵前までいってきました。そもそもBean to Barってなに?という方にはこちらのリンクから。

チョコレート新潮流!東京エリアのビーントゥバー専門店6選 - macaroni

「Bean to Bar(ビーントゥバー)」とは、こだわりのカカオ豆を焙煎し、チョコレートにするという製造の工程を一貫して行うこと。数年前からアメリカでビーントゥバーの工房が誕生し、今ではチョコレートの本場であるヨーロッパにも増えているそうです。

 カカオ豆って「カカオ豆」という一般名詞になっているけど、実際には産地や品種によって当然個体差があるはずで、その個体差をうまく利用してこだわりの味わいを作り出し、新感覚を提供しています。

 一般名詞化しているような食品にスポットをあてて、新たな細分化をしていくのは別に新しい話ではなく、古くは日本でも、戦前は単なる「コメ」だったものを、「コシヒカリ」やら「あきたこまち」やら「ササニシキ」など品種ごとに細分化し、ブランドを生み出していったわけですから、食の世界の歴史は繰り返すということでしょうか。

 

 まあコメは必需品→嗜好品へと変化していますが、チョコは嗜好品→嗜好品という変化なので、何とも21世紀らしいビジネスですね。人類どんどん進化する。 

今回訪問したのはDandelion Chocolate Japan

HPがおしゃれ番長。

 お店の紹介の超詳細レポはこちらの記事に詳しいです。ちなみに私もファクトリー体験申し込みたいのですが、大人気のようでまったく予約が取れませんでした・・。

食べログのリンクはこちら。

初訪問。しかし、午前の早い時間でバーは売り切れという悲しみ

f:id:watanabecook:20160331162112j:image

お店外観。

f:id:watanabecook:20160331162104j:image

お店のロゴ。SMALL BATCHは少量生産という意味。

f:id:watanabecook:20160331162108j:image

店内はガラス張りで開放感あふれる。

 

 店内に入ると、左側ではカカオ豆の選別作業を行っています。私服で作業しているのがいかにもアメリカっぽい。スタッフは美男美女揃い。奥手には、チョコレートの工場が稼働し、作業中のスタッフの姿も見えます。

 但し、この入口にも張り紙がありますが「本日のバーの販売はすべて終了しました」とのこと(;´・ω・)なんだか悲しい限りでした・・・。聞けばオープン当初からずっと人気で。バーは午前中の早い段階で売り切れてしまうとのこと。

 チョコなんだから作っておいてよーと思うことしきりですが、そこはきっとフレッシュなチョコを提供するために仕方がないのでしょう。

せっかくなので店内で楽しむ

 さて、せっかく蔵前までやってきて手ぶらで帰るのもしゃくなので、カフェメニューを頂くことにしました。注文したのは「MISSION HOT CHOCOLATE」なるもの。アーモンドも入り、スパイシーな味わいが特徴とのことで、甘すぎずちょうどいいかなーと思いまして。注文完了後、名前を告げると、商品出来上がりしだいお名前で及びしますので、しばらくお待ちくださいーと言われる。この名前で呼ばれる感じ、アメリカンでむずかゆい感じがしますね。

広告

 

f:id:watanabecook:20160331162052j:image

待ってる間に店内うろうろ。とことんチョコへのこだわりが伝わってくる店内。他にも黒板にチョコの精製過程が書かれていたりと、おしゃれにこだわりを伝えてくれる、押しつけがましくない居心地のいい空間。

f:id:watanabecook:20160331162049j:image

 注文を受け取り2階へ。広々としたソファ席が2つ、テーブルが6組分、中央に大きなテーブルがあり、ガラスで区切られたワークスペースのような場所があります。平日の日中だというのに、店内は大盛況。

f:id:watanabecook:20160331162041j:image

注文したMISSION HOT CHOCOLATE。クッキーはおまけ、マシュマロは受け取り口の脇にあって、自由にお取りくださいと促される。手作り感あるマシュマロでおいしい。

f:id:watanabecook:20160331162044j:image

表面にスパイスが降られたHOT CHOCOLATE。

 さて、お味のほうですが・・・。HOTチョコレートなるものを日頃飲んだことがないのでww 美味い美味いと言って飲みましたが、正直このチョコへのこだわりがいかほどかは、飲み比べないと難しいなあと思いました・・・。

 確かに、スパイスの香りを差し引いても感じる強いカカオのコクや、鼻から抜ける香りなどはコンビニに売ってるようなチョコレートとは違うのはわかるのですが、じゃあこれが日頃のものとどう違うのか?について言及するのが難しい。

 最初にコメについて言及しましたが、コメのように日頃食べているものについて是々非々いうのは出来ても、日頃食べなれていないものをいきなり食べても、違いはわからない、というお話でした・・・あちゃー(;´・ω・)ダメな舌でごめんなさい・・。

 言い訳すると、バーのチョコなら、幼いころから食べてきたチョコとの比較になるので味の違いがわかると思うのですが、ホットチョコレートになると何とも・・・。

 なんていうダメレポで大変恐縮ですが、以上レポっす(;´・ω・)午前中の早い時間にならないとバーは手に入らないということだけ、覚えて帰って頂ければ幸いです。

f:id:watanabecook:20160331162039j:image

目の前は公園で、ちょうど桜が咲くいい季節でした。

広告

 

 

 

おまけ1:蔵前の町って風情ありますよね

f:id:watanabecook:20160331162015j:image

おじいちゃんが急に車から降りてきたり(あぶない)f:id:watanabecook:20160331162018j:image

ブリキの店って初めてみました。ブリキて。

 

おまけ2:作り方の冊子もらった 

f:id:watanabecook:20160402005845j:image
f:id:watanabecook:20160402005850j:image
f:id:watanabecook:20160402005902j:imagef:id:watanabecook:20160402005905j:image
f:id:watanabecook:20160402005908j:image
行程を見るだけでも知らないものばかり。これはやっぱり工場見学いくしかないな、と決意を新たにしたのでした。

広告