読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【グルメ】唯一無二のつけだれで稲庭うどんを食す!新橋駅前ビル1号館の行列店「七蔵」で豪勢なランチを食べた!

グルメ グルメ-東京都-港区

はじめに;

先輩と新橋でランチにいくことになったのは、12:30を過ぎ,MTGがひと段落した頃。

ランチのコアタイムから外れるので、いつもだと混んでいる行列の店にでもいこうぜ!となり「七蔵(ななくら)」へ向かうことにしました。

 こちらのお店は、新橋駅の汐留口を出たすぐのところにある、新橋駅前ビル1号館の2階にあるお店です。

 

 ちなみにこの新橋駅前ビル1号館ですが、他にも名店があり・・・

池波正太郎が通ったという、ビーフン料理のお店や、

レトロな極太ナポリタンが好評な喫茶店があったり、

お通しが毛ガニ!っていう太っ腹なカニ居酒屋があったり、

お通しが毛ガニ!!北海道直送の魚介が美味い新橋「蟹喰楽舞」 - メシコレ

と、なかなかに美味しいものがそろっているビルなのでぜひ一度訪ねてみてはいかがでしょうか。

広告

 

ビルの入り口はたぬき

新橋駅前の汐留口を出ると、こちらが入口になります。f:id:watanabecook:20160420205956j:plainおじさんうなだれてて不安になる(;´・ω・)f:id:watanabecook:20160420210051j:imageエスカレーターに乗って二階へ。12:45頃に到着しましたが、やっぱり外に人が並んでいます。f:id:watanabecook:20160420205928j:image選べるセットのどんぶりはなんと10種類!

まぐろ・いくら等の人気の食材もありますが、個人的な興味は煮だこ丼!軟らかく煮られたタコってほんと美味しいですからねえ・・・じゅるり。

あと、スープにふきのとうが入っていることが協調されていますね。確かにふきのとうは苦手な人は苦手なので、この案内はすごく親切。

こちら、ホームページを拝見すると、

http://www.nanakura.co.jp/contents/img/img148ti1245_1.jpg

カツオ節、セロリ、鴨肉などをベースに出汁を取り鴨肉をペースト状にしたものとゴマペーストを加え醤油、みりんなどで味を整えた100%自家製の特製漬けだれは、のど越しの良い稲庭うどんと良く絡み、絶妙なハーモニーを醸しだします。他では体験できないこの味をぜひ一度お試し下さい(写真は季節のナメコトッピングになります)

とあるので、ふきのとうは季節のトッピングなのかもしれません。

さて、店内に呼ばれて中に入ると・・・f:id:watanabecook:20160420210029j:image店内にも人が並んでました・・・。先にお会計を済ませて、また店内の列に並ぶパターンですね。しかし、ランチタイムということもあって列はスムーズに進み、12:40に並び始めて、13:00頃には席につくことが出来ました。

実食

さて、私が注文したのは「中セット」=稲庭うどんの中(茹で上がり400g)と、ミニ丼のセットで、1300円なり。ミニ丼は「煮だことまぐろのミックス丼」にしました。その様子は・・・?
f:id:watanabecook:20160420205916j:image稲庭うどんがでかい!!
f:id:watanabecook:20160420205910j:image先輩との皿も含めると、遠近感がおかしい。お盆にのってませんがな。
f:id:watanabecook:20160420205847j:image稲庭うどんがうつくしい・・・。ホームページによると・・・
七蔵店主葛西剛男が秋田県稲庭町のみで造り上げる製造者に、原料と製法を指定して製造しております。原料の小麦粉は麺に最適な中力粉100%を、食塩は長崎五島灘産に水は地下100mから湧き上がる栗駒山麓の伏流水を用いて超多加水で練り上げ、手綯手延製法で4日間の長い時間をかけて麺の熟成を繰り返しながら造り上げます。
滑らかなのどごしの良さはもとより、しっかりとしたコシの強さと茹で上がり早さ、のびにくい特徴を持つ、葛西剛男が監修した「稲庭うどん七蔵」の麺をお楽しみ下さい。
とまあ色々書いてますが、ちゅるしこ特注品ということですね。稲庭うどん単体で味わっても、塩気のある小麦麺が美味しく、とても流れ作業で出てくるような麺とは思えない味わいです。
f:id:watanabecook:20160420205852j:imageこちらが漬け汁。ふきのとうがぷかぷか浮いています。
f:id:watanabecook:20160420205841j:imageホームページに色々製法が書いてありましたが・・・
なかなかに表現が難しい味です(;´・ω・)
無理やり既存の料理で表すと、宮崎などの名物「冷や汁」のようです。冷汁の場合は、アジなどの魚介を焼いてすり下ろしたものに、味噌やゴマなどを併せてさらにすりつぶし、それを溶かし込んで汁にしています。こちらは、鴨のすり身?に同じくゴマやみそなどを合わせてペースト状にしたものを溶かし込むことで、この味を表現しているのでしょう。しかし、ザラザラ感もなく濃厚な旨みをしっかり汁に溶け込ませていて・・・。ともすると濃厚になりすぎるところにふきのとうを合わせて清涼感を出しつつ・・・。こんな味が出せるんだなあ、と感心しきりです。美味い。
f:id:watanabecook:20160420205901j:imageこちらはお伴のミックス丼。煮だこもやわらか!まぐろも新鮮でいいやつ!
ごはんもあったかで、文句なし!
300円でセットの丼がつけられるので、迷わずセットにすべしぃぃぃ!

広告

 
余裕で完食。ごちそうさまでしたー。
 ランチの時間帯は混みますが、少し時間を外せばあまり待たずに入れますので、ぜひぜひ新橋でランチの機会があったら、食べてみてくださいまし!この駅ビル自体が、ほかにも美味しいお店がたくさんあるので、つぶしもきくのでオススメです('ω')ノ

余談

そういえばですが、私が座った席から見渡すと、店内はほとんどが女性客でした。
女 女 女 女 女 先輩 女 女 女 女 女 女
女 女 男 女 女 おれ 女 女 女 男 女 女
こんな感じ。女性に人気なお店はやっぱり間違いないんじゃないかとー。

広告