読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【グルメ】新橋ではうどんの名店「おにやんま」にいこう。通し営業がうれしい! 私の天かすへの愛情とともに。

はじめに:

おにやんま。何とも少年心をくすぐるネーミングですよね。

 もはや東京のうどんシーン(なにそれ の中では欠かせない存在となっている名店と言っても過言ではないでしょう。立ち食いうどんが安くて早くてうまい。もうそれだけでいい。しかも平日は7:00~23:00の通し営業だから気が向いたときにいけちゃうし、駅から近い。徒歩1~2分。新橋というアクセスのいい立地にあって、この好条件はなかなかないですよ、おくさん。

 

ちなみに本店は五反田で、こちらも駅から徒歩1分もかからず大変便利な場所にあります。

東品川、というか青物横丁にもお店ができています。

 もっとちなみに、こちらの記事でも紹介した「こくわがた」は、おにやんまで修行された方が出店されたお店です。「こくわがた」もまた、少年が喜ぶ名前ですよねえ。

訪問:13:00過ぎでも店内は満席

f:id:watanabecook:20160422220829j:image外観。新橋駅の烏森口から徒歩1~2分ほどでつきます。f:id:watanabecook:20160422220813j:imageでかい看板が目印。とり天・ちくわ天が美味しいのは間違いない。f:id:watanabecook:20160422220805j:imageおにやんまがこちらに。切り絵みたいですね。

f:id:watanabecook:20160424120953j:image券売機。ちょっと暗くて見づらいですけど・・・大体立て看板のメニューと一緒です。しかし、私は今回は「ヒデコDX」を頼みました。普通盛りで650円。

「肉 きざみきつね 海老1本 天ぷら野菜1つ 鶏天1つ」

がトッピングですって・・・もう役満ですよ。このラインナップ。

※役満・・麻雀で点が一番高いやつ。なかなか牌がうまくそろわず、揃ったらすごい。

広告

 
さて、店内に入ります。
店内はすべて立ち食い席です。入口専用のドアがあるのでそちらから入ります。
食券を買った時点で店内には注文が通っているので、食券購入後は速やかに店内に入るようにしましょう。店員さんに注文を確認されますので、自分の注文を伝え、おぼんからうどんを受け取ります。
 

ヒデコDXを食す。

f:id:watanabecook:20160422220844j:imageまずはうどん。肉ときざみきつねがのっていますね。もうこの時点で抱きしめたいくらいいとおしいのですが・・・
f:id:watanabecook:20160422220855j:image別盛りで、海老天と鶏天、そしてサツマイモの天ぷらがひかえています。
f:id:watanabecook:20160422220913j:image全景。いうなれば、ただの立ち食いうどんなのですが・・・出汁から麺から天ぷらから、全部美味しいのです。このお店。
f:id:watanabecook:20160422220927j:image私はちょっとふにゃっとした天ぷらが好きなので、全部のせました。
f:id:watanabecook:20160422220946j:imageこのうどんの出汁・・。すっきりと関西風。いりこがきいとる(いりこ≒煮干し。関西での呼び名ですね)。これ、愛媛とか四国からきた友人と食べにいっても、ここはうまい!って太鼓判を押すほど美味しいのですよねえ。もちろんうどんは、ちゅるしこつるつるで、コシがあってンまい。冷やしも麺がさらに引き締まって美味いのですが、この温かい麺で出汁と一緒にじんわり味わうのが好きなんです。
f:id:watanabecook:20160422220954j:image肉ときざみきつねもボリュームまんてん。牛肉も贅沢に入ってるし、せこいところがひとつもない。薄味で仕立ててあって、出汁と一緒に食べるとほんと贅沢。f:id:watanabecook:20160422221002j:image個人的に好きなのが、細かいところだけど・・・天かすです。。
天かすについて、無料トッピングでも、玉状になっている、さらさらしたものを使ってるお店とかあるじゃないですか。
 ←こういうの。
 あれって天かすじゃなくて「天玉」じゃんと。旨みと油が足りないんじゃー!と小一時間問い詰めたい(実際は絶対にしない)。 そんな天玉じゃなくて、天ぷらの「カス」をしっかり使ってくれているんですね、このお店。だから、ちょっと焦げ風味の天かすの塊とか、揚げるのに失敗したような天かすが出てきたりして、、、発掘するのが楽しい。私もね、なんだか意地汚いなとか思いますけどね、でも・・・おいしいんですよ。特に、鶏天のカスと思われる鶏皮の天かすとか見つけた日にゃあ、もう小躍りします。この天かすがスーパーで売ってたら、他の献立が全部決まってたとしても、購入してから何に使うか迷うレベル。こういう天かすを買える店がもっとあればいいのに。

広告

 
さて、そんなこんなで出汁と天ぷらとうどんを楽しんでいくと・・・
f:id:watanabecook:20160422221015j:image完飲。ごっそさん(いいたいだけ
 
ラーメンのスープは自重する気になるし、しょっぱいので全部飲めませんが・・・
このお店はぐいぐい飲めちゃう。
 
新橋でお腹がすいたら、思い出していってみると幸せになれます。
天かすを発掘するのを忘れずに!(上品に発掘しましょう
 

広告