読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【妻グルメ】(連載2)ノルマンディー風タルトは青森×北海道的な~妻がLE CORDON BLEU(ル・コルドン・ブルー)に通いだした夫のメモ~

妻グルメ 妻グルメ-ル・コルドン・ブルー

f:id:watanabecook:20160417213204j:image

はじめに:

こちらの記事で書かせて頂いた通り、妻がル・コルドン・ブルーという調理学校に通いだしたため、毎週土曜日は美味しいデザートをたくさん持ち帰ってくることになった、どうも僕です。これは太る。

 

さて、本日の妻の持ち帰りは「ノルマンディー風タルト」です。

ノルマンディー上陸作戦しか知らないノルマンディーについて

ノルマンディーとか言われても、ノルマンディー上陸作戦しか知らない私。

ノルマンディー上陸作戦 - Wikipedia

ノルマンディー上陸はヨーロッパ戦線の転機となった作戦であり、第二次世界大戦中最もよく知られた戦いの一つでもある。本作戦で用いられた用語「D-デイ」は作戦決行日を表し、現在では主に作戦開始当日の1944年6月6日について使われる。

 ノルマンディーがフランスってのは知ってたけど、ノルマンディー風とかいっても・・・きっと血と硝煙の香りたなびくタルトではないでしょう(失礼 

 妻にきくところ、

・ノルマンディーはフランスの北西にある

・寒いからリンゴがたくさんとれる

・酪農も盛ん

・だから、リンゴと牛乳を使った料理は、ノルマンディー風と呼ばれることがある

 ということらしいです。勉強になる!ノルマンディー風とか初めてきいたけど!

広告

 

 後学のため、ググってみると・・

ノルマンディ風(ノルマンディふう)とは - コトバンク

フランスのノルマンディ地方の様式のものである様子。特にフランス料理で、ノルマンディ地方のスタイルの料理である様子。バター生クリームなどの乳製品、魚介類、りんごシードル(りんご果汁を発酵させて作る醸造酒)、カルバドス(この地方で作られる、シードルを蒸留して作るブランデー)など、ノルマンディ地方の特産品を用いる料理が多い。⇒ノルマンド

らしいですφ(`д´)メモメモ...

 

(´・ω・)(私)「でも妻よ、ときに・・・」

(。・ω・)(妻)「なにですか」

(´・ω・)「ノルマンディー風って、青森のりんごと、北海道の酪農の掛け算ってことですかね」

(。・ω・)「確かに。寒い地方だから共通してるのかも」

ちょっと調べてみると・・・

ノルマンディー地方で Rendez-vous | フランス観光 公式サイト

グルメも大満足

ノルマンディー地方はまさにご馳走天国。ルーアンで開催される「ノルマンディー食の祭典Fête du Ventre」にはオート・ノルマンディーの大地の恵みが勢ぞろいします。

英仏海峡に面する沿岸部では、ホタテ貝やコタンタンの牡蠣といった海の幸が食卓を飾ります。ディエップのニシン祭では、水揚げされたばかりの新鮮なニシンの網焼きを味わいます。また、ノルマンディーといえばクリームソース。ノルマンディー風エスカロップからノルマンディー風ムール貝まで、クリームソースが味の決め手となっています。

(略)

果樹園にたわわに実るリンゴも、この地方の豊かな食文化の大切な担い手です。リンゴでつくるタルト・ノルマンディー、シードル、カルヴァドスは、まさにノルマンディーを代表する味。

(´・ω・)「ホタテ貝とか牡蠣とか、ニシンとか・・完全に北海道」

(。・ω・)「ノルマンディっていうだけで、とたんにおしゃれにきこえる不思議」

(´・ω・)「北海道・青森風タルトって言われてもありふれているのにね」

 

実食

f:id:watanabecook:20160417213230j:imageおいしそう!

相変わらず、2人+赤ちゃんの家庭にホールタルトは・・・多い(;´・ω・)

リンゴの煮たやつの中には、アパレイユという牛乳と卵を混ぜた、クリームみたいなものが入っています。カスタードクリームみたいにこってりしているわけではなく、プリンほど卵が主張してくるでもなく、ただリンゴの味を引き立ててくれる、控えめだけど優秀な助演男優を演じています。f:id:watanabecook:20160417213719j:image切った。なんかタルト生地がしっかりしていて厚め。妻曰く、先生のはもうちょっとタルト生地が薄くて、おいしくできていたので、妻的には今後の課題とのこと。確かに、これはこれで「厚めのタルト生地がノルマンディー風なんです」とか言われたら何も気にせず食べられるけど、市販のタルトはもっと薄くパリパリしているかも。f:id:watanabecook:20160417213721j:image断面図。中身はほとんどリンゴ。

広告

 

 

 なんだか、フランス菓子の習得はなかなか大変らしく、例えば日頃我々がつかっている皮むき器は、いわゆるこんなものですが・・・

ザ・ピーラーって感じの見た目。

ル・コルドン・ブルーでは、こちらの皮むき器を使用するそうです。

・・・なんか私には親近感わかないw

これからこの皮むき器をつかって、特訓するとのこと。皮をむかれた大量のリンゴが発生するらしい。家でも大量(;´・ω・)

スムージーにでもして飲もうかなあ・・・。 

 

以上でした!

広告